病気にかかった時の対策として考えることは

国からの援助を受けよう

眼精疲労

申請すればお金をもらえる制度がある

うつ病になって、まったく働くことができない状況ならば、国が提供してくれる障害者年金という制度を使うことができます。しかし、自立支援医療や精神障害者保健福祉手帳など、いろいろな制度があるため、どれを選べばよいか迷っているかもしれません。自立支援医療は、申請をすることで、本来は3割負担だった治療費を1割負担まで減らせる精度です。通っているメンタル系クリニックにしか使えませんが、治療にかかるお金が1割になるのは大きな魅力でしょう。そして、精神障害者保健福祉手帳は、公的なサポートをいろいろと受けられるようになる制度です。税金や公共料金等の割引が行われるので、日々の生活で支払うお金を節約できるようになります。しかし、これらはあくまで支払うお金を少なくする目的でしか使えません。しかし、障害者年金ならば、直接国からお金をもらえるので、金銭的に困っているのなら利用を考えましょう。障害者年金は、毎月決まった額が支払われるため、自由に自身の考えで活用することが可能です。ちなみに、うつ病で困っていて、国の制度を使いたいのなら、どれか一つに絞る必要はまったくありません。自立支援医療や精神障害者保健福祉手帳、そして障害者年金のすべてに申し込めるので、使えそうなものがあるのなら全部申請してしまいましょう。申請の仕方は、政府が運営するホームページを訪れれば詳しく掲載されています。もしも、難しすぎてよく分からないというのなら、代わりに申請してくれる有料のサービスもあるので、活用することを考えましょう。

うつ病の症状が酷くて、働くことが難しい場合、今すぐにでも障害者年金を申請したいと考えるかもしれません。しかし、うつ病と診断を受けて、すぐに申請できる制度ではないのを知っておきましょう。障害者年金というのは、うつ病が発症してドクターに診断してもらってから、1年と6ヶ月が経過していなければ申請することはできないのです。したがって、うつ病だと診断されてから、もしも1年しか経っていないのなら、障害者年金を申請するまで、あと六ヶ月は待たなければいけません。この期限は明確に決まっているため、覆すことはできないので、申請する方は覚えておきましょう。また、数年前にうつ病だと診断されているのなら、記憶が薄れてしまい正確な日時が分からない場合もあるはずです。そのときは、通っているメンタル系クリニックに質問をすれば、教えてもらえるので安心しましょう。診断を受けた日が分からなければ、動き始めることはできないので、できる限り早くチェックしておくべきことだといえます。なお、診断を受けたのは現在のメンタル系クリニックではなく、前に通っていた施設だということもあるでしょう。その場合は、前に通っていたメンタル系クリニックに問い合わせる必要があります。通院していたのがかなり前ではない限り、カルテが残っているはずなので、尋ねれば診断を受けた日をハッキリとさせられます。もうすでに通っていないので遠慮してしまうかもしれませんが、これからの人生に関わることなので、余計な気を遣わずに尋ねてしまいましょう。