病気にかかった時の対策として考えることは

申請のサポートがある

カウンセリング

申請を通したいならサポートを利用しよう

働くのが難しいほどの重い症状のうつ病になった場合、日々の生活費に困ってしまう状況もあるでしょう。そうなると、お金をもらうために、生活保護を受けなければならないと考えてしまうかもしれません。しかし、うつ病のせいで金銭的につらい状況にあるのなら、障害者年金(障害年金)をもらえる可能性があるのを知っておきましょう。障害者年金は、国に申請を行うことで、毎月一定の金額をもらえるようになる制度です。目が見えなかったり手足を失ったりした方がもらうものだと考える方もいるでしょうが、うつ病も対象となっているので、申請しても問題ありません。ただし、身体障害者は一生もらえますが、うつ病の場合はよくなるともらえなくなることには注意しておきましょう。なお、障害者年金は、申請すれば誰でも簡単にもらえるという、気軽な制度ではありません。うつ症状の重さも大切ですし、どのくらい社会生活に悪影響を及ぼすのかも重要となっています。しかも、申請方法が難しいため、何も知識がない方が受給するのには、大変な困難を伴う可能性があります。その困難は大きなストレスとなってしまい、症状を悪化させてしまうことだってあるでしょう。もしも、負担をできる限り少なくして、受給できる確率を上げたいのなら、専門家にサポートをしてもらったほうがよいです。手続きをすべて行ってくれるため、最小限の手間で障害者年金を受け取れる可能性が高いです。もちろん、うつ病のサポートにも対応しているので、興味があるのなら、近くで営業している専門家を探してみましょう。

『うつ病で仕事がまったくできずに、生活が困難な状態なのに、お金を支払わなければいけない専門家に頼めるはずがない』と考える方もいるでしょう。しかし、専門家に手続きを初めてもらう場合に支払わなければいけない、着手金が無料のところもあるので安心しましょう。着手金が無料ならば、専門家に支払う報酬は、障害者年金の中からだせるので、お金がなくても大丈夫です。しかも、専門家によっては申請が失敗した場合、一切費用が取られないところまであります。そちらならば、低リスクで仕事を頼めるので、できる限り無料のサポートを提供してくれる専門家を探してみましょう。ちなみに、障害者年金を自分で手続きして失敗した方も、専門家に頼めば通る可能性があるので、再チャレンジしたいときは依頼をおすすめします。なお、障害者年金をもらいたいのなら、申請のために、本当にうつ病であることを国に示さなければいけません。そのためには、現在通っている精神科や心療内科のドクターが書いてくれる診断書が必要になります。診断書を書いてもらう費用は、専門家が支払うのではなく、自身で支払わなければいけないので注意しましょう。ただし、診断書を書いてもらう費用は一定ではなく、クリニックが自由に決められるようになっています。そのため、クリニックによっては、診断書を書いてもらうと、会計が普段よりも一万円以上も増えてしまうことも場合があります。大抵は五千円以内で書いてもらえるケースが多いですが、心配ならば、事前に診断書がいくらになるのか聞いておきましょう。